保育士の資格を活かして出来る仕事について

保育士の資格を若いうちに取っておくと、生涯を通して大変有効に活用出来ます。

結婚して出産する前に保育士としてしっかり勤務しておくと、実際に自分の子供が生まれた時にも混乱せずに子育てが出来ます。

保育士の仕事はハードですが、資格を持っていたら女性でも正職員、正社員としてすぐに雇ってもらえるし、もしも結婚出産してからも保育士の資格を活かして高額な時給のアルバイトに就く事も可能です。

保育士の資格を所持していたら、市が運営している保育園や民間の認定保育園の他にも企業の託児所やベビーシッターといった風に様々な働き方が出来ます。

ベビーシッターのアルバイトでしたら、地方でも軽く時給が1000円を超える事もあります。

比較的短時間の勤務でベビーシッター先の子供とマンツーマンでの育児の業務になるので、保育園で勤務するよりはかなり楽に稼げるので、主婦のアルバイトとしてはとても人気の職種です。

ベビーシッターのアルバイトも顧客がつくと、勤務するパターンも読めてくるのでスケジュールも組みやすくなります。

このように自分の状況に合わせて保育士の資格を活かしながら働き方が選べると、家庭を持っていても子供がいても負担なく仕事を続けていけるので大変便利です。

さらに高齢になってからも働ける点も保育士の資格の魅力でしょう。

だから若い時に是非保育士の資格を取っておいて下さい。

保育士に関して

保育士を目指している人はたくさんいると思います。保育士は人気の職種ですが、やはり保育士の仕事は大変なことも多いかもしれません。
私の知り合いの女性に保育士さんがいるのですが、彼女に聞くと保育士の仕事はかなり苦労することがあるみたいです。
彼女は保育士になるために短大に行き保育士の資格を取得しました。そして、とある幼稚園に保育士として就職しました。
彼女は念願の保育士になったことをとても喜んでいました。しかし、やはり現実はそう甘くはなかったそうです。
それはやっぱり小さい子供さんを相手にしなくてはならないので、なかなか言うことを聞いてもらえず、さらにかなりイタズラをされたりと気苦労が絶えないそうです。
それに一番大変なことが、子供さんたちの親御さんとうまくやっていくことだそうです。中にはかなりモンスターペアレント気味の人もいるらしく、無理難題の要求をされたり、自身の子供のことを特に贔屓するように言われたりすることもあるそうです。
そんなこともあって、彼女は保育士として少し自信をなくしていたこともありました。
しかし、やっぱり彼女は保育士の仕事が好きで、さらに子供たちのことも大好きなので、これからも続けたいと言っています。

東京などの保育士求人の需要は比較的高い

保育士の仕事は子供を保育する仕事で、今後の人生を担える存在にするように幼い時から人との接し方を教えることが求められます。保育士として働くためには資格が必要で専門学校などで必要な知識を学び保育園などで働くと子供を保育する夢を実現でき、今後の少子化などにも対応する人材を育成できます。
最近は少子化の影響で子供の数が減っているため跡継ぎを育てるためには保育園に預けて子供を保育してもらい、今後の人生に役立てる知識を付けるようにしてもらうと効果的です。子供は好奇心が旺盛で新たなことを知りたがるため人との接し方や友達の作り方を教えると効果が高く、小学校に進む時にも役立てることを教えることができます。
保育士の仕事は保育園などの児童施設で仕事をするため、子供の数が多く両親が共働きをする家庭などが多い大都市周辺は需要が高いです。保育士の仕事は職場によって違うため求人情報の内容を確かめて決め、子供とのコミュニケーションを強化することや親に信頼されるように仕事に取り組むことが必要です。
保育士求人東京などの需要は今後の少子化の影響で子供の人口が多い地域は比較的高く、保育所への待機児童の数が多く新たに保育園などを作り必要な人員を募集しています。

保育士の仕事内容は多岐

保育士の仕事は多岐です。
子供達の世話は、もちろんです。
その他に、沢山の書類書きがあります。
月案、週案など、子供達を見ている時は、まずかけませんので、自分で時間を作る必要がありました。
そして、かなり細かい記入作業になっています。

また、保護者へのお知らせ、毎日の様子を伝える日記帳なども、保育士の大切な欠くことの出来ない仕事です。
保護者は、保育園で、自分の子供がどう生活しているのか、凄く気になっています。
朝、泣いていた場合などは、それが、脳裏に焼き付いている両親も多いです。
そのため、保護者との連絡が大切です。

そして、休みの日や仕事帰りなどを使って、図書館へ行って、子供達の本選びや、遊び、工作のアイディア、工作が決まったら、その人数分の準備と、時間外も忙しくなります。
常にアイディアがあったり、工作作りが好きだと、楽しんで出来ます。
逆に準備に追われることが嫌だと、辛い時間外の労働になります。
他には、ピアノの練習もそうです。
イベントなどで使用したい新しい曲があれば、自宅での練習が必要です。
また、イベントで、スピーチをすることになったら、そのスピーチ内容を考えたり、練習する時間が必要になってきます。
他の保育士と一緒に練習する時間も必要です。
このように、保育士の仕事は多岐に渡ります。

子どもも親もみんな頑張ってますね

育児休暇をとったものの、結婚前からつい最近まで長いこと保育士をしていました。
保育士をしていて、感じ方が独身のころと違うな・・と思う事がたくさんあります。そのひとつは、あずけている親への感情です。
保育園では、あきらかに熱がある、具合悪そうな感じの子どもが朝普通に登園したりするんですよね。
もちろん、保育士はすべてわかっているんです。だから独身のころは顔には出さないものの、なんてひどいことするんだろう、と思っていました。
でも、母親になり自分自身が働く親になった時、わかったんです。
子どもが具合悪くても、出社しなきゃいけないこと、そして子どもに申し訳ないと思っていること・・。
そして、子どもは親の気持ちを知っているのか、必死で頑張っていること・・。
現に言われたことがあります。「朝から休むのは会社が許してくれないし、いろいろな人に迷惑がかかる。途中で保育園から電話が来ると抜けだしやすくなる」と。
本当にそうだな・・と思います。
共働きの家が増え、女性にも均等に仕事のチャンスがもらえはじめている中で、そう簡単には休めないですよね。
だからこそ、保育士として子どもの訴えや甘えをしっかり受け止めよう、と思っていました。
今の時代、子どもも親も必死で頑張っているんだな・・と感じましたよ。

私が保育士の仕事をしていて感じる事

私は昔から子供が大好きで、子供と携われる仕事に就きたいと思っていました。
その事もあり仕事は保育士になりました。
世間からは保育士の仕事は給与の低さ、肉体的な仕事の大変さ、日々の業務量の多さなどから辞める人も多くなかなか続かない職業でもあります。
実際に私も働いていて大変ではありますが、日々の子供の成長を見れる、感じ取れるのはとても嬉しい事です。
たしかに日々子供の対応について反省することも多く、落ち込む日も少なくありません。
その中でも子供の成長を見ていると頑張ろうと自然と思えてきます。
また子供たちの素直な考えや行動、笑顔によって、忘れかけていたささいな事に対しての喜びや楽しさ悲しみなどを、再び感じ取る事が出来ました。
子供たちが成長する事によって、保護者の方から感謝されることも保育士をやっていて嬉しい事です。
実際に保護者の方とも密にコミュニケーションを取って一緒に成長しているとも言えます。
保育士の仕事をしていて子供が好きだけでは仕事は勤まりませんし、続きません。
私はそこに子供たちを立派に育てていく責任感を持つことが大事だと感じました。
責任感をもって子供に接する事で子供たちもそれに答えてくれますし、その時に保育士の仕事をしていて良かったなと思います。

保育士として私が辛いこと

私は、保育士として勤めて今年で丸5年になります。元々、子供が好きでこの仕事を選んで毎日子供と触れ合えて楽しい仕事であると感じています。子供は未来そのものだと思っているので、毎日色んな可能性のある子供に触れ、私自身も元気をもらっています。しかしその反面、辛いこともたくさんあります。私が今、一番頭を抱えていること、それは可愛い子供たちの親です。保育園に通っている子供たちの親は私より少し年上か同年代の方が多いのですが、とんでもないクレームをよく言われます。
最近、ある子供が転んでしまい足に擦り傷を作ってしまい、夕方お母さんが迎えに来た際に、その事実を伝えた時の反応が
「子供もいないで、未婚のあなたが見てるからこんなことが起こるのよね。子育てしたこともないくせに、よく人の子供預かれるわね。」
と言われました。また、他のお母さん方からも「あなたみたいな人に預けてると毎日不安だわ。」「早く結婚して、自分の子供育ててみたら、私達の辛さが分かるんじゃない。」「早く子供作って、退職したら。」等と言ういわゆるモンスターペアレントに日々悩まされています。
確かに私の対応も完璧ではなく、抜けも多々あると思いますが、そこまで言われる必要はないのではと思っています。
だけど、子供たちに「先生大好き」等と言われたら、先生頑張る!
って、思えるからこの仕事はやめられないです!